ライブチャットを始める前の私 ②

ライブチャット

すっかり テレフォンレディにはまり

私は官能小説の主人公 頭の中はお花畑

お互いに地元だったのでよく話すユーザーさんが何人かいて

たまには会ってお茶でもどう?って誘われたりもしましたが(チャットでもよくある話ですが)

会ってしまったら もうその先がなくなってしまう・・・

うーん 今日は子供の帰りが早くて・・・ごめんなさい・・・ なんて感じ

それでもみんな わかってくれていて 暗黙の了解で お話するだけでお互い妄想の世界で

満足しており、ユーザーさんも優秀な人ばかりでした。

多分、お財布事情も余裕がある方なのだと思います。

そんな感じが何年か続いたあと 徐々にお客さんとの繋がりが悪くなってきました。

久しぶりにお話したユーザーさんが 最近お話しなくなったけど どうしたの?

と尋ねると ライブチャットを始めたの

電話よりおもしろいから やってみない? と誘われた

ライブチャット は知っていたのだけど やり方が分からず・・・

その後すぐにパソコンでライブチャットについて調べ始めた

アダルト ノンアダルト 熟女系 など

これは すごい・・・ テレフォンよりもやりやすいかも?私も始めてみよう と

いろいろ調べて評判の良いロジクールのウェブカメラ、イヤフォンマイクを購入

そして 今はもうないサイトですが 待機画面がなく サムネをクリックすると

いきなり チャットがはじまる というところでライブチャットをはじめました。

ノンアダルトとアダルトがあるサイトでしたが チャット相手に選ぶ女性は 賭けみたいな感じ?

やっぱりライブチャットで待機画面がある方がお客さんは入ってきやすいようです。

他にも熟女系も登録しました。こちらは男性の年齢層が高く余裕があるようで客層は良かったです。

しかし簡単には稼げないですね~ そのあとまだまだ試練が続きます・・・

振り返ってみると テレフォンレディよりもチャットレディのほうが稼ぎやすいけれど

新人さんがどんどん入ってきてライバルが多いし いろんな気遣いをしなければならないですね。

タイトルとURLをコピーしました